FC2ブログ
 

Amelie

谷中レッドハウス ボタンギャラリー展☆開催中

10月29日から、谷中レッドハウス ボタンギャラリー展が
スタートしました!
皆さま、お忙しい中、足を運んでいただいて
ありがとうございます。

初日は、オーナーのドリーヴス公美さんによる
アンティークボタンのレクチャーを開催しました!
image2 (74)  image3 (61)
歴史深いアンティークボタンのお話では、
昔から日本も深いかかわりがあったことなど、
貴重なお話でした!
本日31日のレクチャーも、とても楽しみです♪


「谷中レッドハウス ボタンギャラリー」のオーナー
ドリーヴス公美さんのプロフィールをご紹介します。

ドリーヴス公美
Kumi Dreves

遠い歴史に思いを馳せる、
アンティークボタンのコレクター

東京生まれ、下町育ち

海外向けの刺繍やボタン製作を手掛けていた父親の影響で
幼少の頃から、いにしえの人の手のぬくもりを感じるものに
心惹かれ始める、。

三年間の英国生活に大きな影響をうけ、2003年から独自の
発想により、古代のシンボルでもあるアンモナイトの化石や
アンティークボタンを使ったコスチュームジュエリーの
デザインをスタート。

2013年、Yanaka Red House Button Galleryをオープン。

ヨーロッパの18世紀から19世紀の歴史や技術のあゆみが
詰まったアンティークボタンの展示、販売を通して、
楽しく解説を交え、その奥深い魅力を伝えている。
(ドリーヴス公美 プロフィールより)

レクチャーにご参加いただけない方も、
店内でいろいろなお話を聞くことができます!


初日は、オープンと同時に
たくさんお客様にご来店いただいて、
とても狭かったので、わたくし店外に出ていました~~!
image5 (26)
今は、落ち着いたので、もうゆっくりご覧いただけます~!
楽しみにしていただいて、
本当にありがとうございます♡

店内一部の写真ですが、アンティークボタンが
たくさん展示されています。
image4 (40)

これは、明治に日本で制作された薩摩ボタン。
image1 (73)
日本から輸出されていたボタンです。
ヨーロッパの人たちに愛されて、
こんなに美しいまま大切にされていたのですね。

こうして日本で見られることに、感慨深い思いがしてきます。
帯留めにも、活躍しそうですね。

他には、ニューヨークヴィンテージのコスチュームジュエリーも、
たくさん展示されています♡
ミリアムハスケル、トリファリの美しいアクセサリーと、
ヴィクトリアンジェットも多数展示されています!

11月1日(木)17時まで開催しておりますので、
皆さま、是非是非、ゆっくりご覧になってくださいね。

「谷中レッドハウス ボタンギャラリー展」開催☆

10月29日(月)~11月1日(木)
11:00~18:00
(最終日は17時まで、11月2日(金)は臨時休業)

オーナーの
ドリーヴス公美さんも4日間来店しています!


「アンティークボタンの歴史」のお話
10月29日(月)、31日(水)
9:45~10:25
参加費 無料

東京・谷中にある赤レンガの素敵な館・・・
「谷中レッドハウス ボタンギャラリー」に
アメリーが4日間限定で変身します☆


貴重なアンティークボタンを使った
オリジナルのジュエリーも多数展示されます。

展示をご覧いただくだけでも、貴重なアンティークボタンを
惜しげなく使った、素晴らしいジュエリーです。
その場で、気に入ったボタンを、ブローチや
ネックレスにすることもできます。

また、なかなか目にすることができない
「サンプラー」も、
今回初めて1つだけ展示されています。
実物をご覧いたただく機会のない、額装された貴重な作品です。

サンプラーは、英国の子供達が何年もかかって仕上げた
貴重なアンティークの刺繍です。
詳しい画像などは、HPでご覧くださいね↓↓

谷中レッドハウス ボタンギャラリー→

尚、アメリーの店内は4日間、
谷中レッドハウスの展示オンリーになります。
ドリーヴス公美さんと一緒に、お待ちしておりますね。


Amelie(アメリー)
仙台市泉区泉中央1-7-1
地下鉄泉中央駅ビル スウィング2F
営業時間 11~18時
毎週日曜、月曜定休

イベント準備などの為、営業日、営業時間を変更します


11月2日(金)臨時休業
11月9日(金)16時閉店

TEL 090-3126-8639    
メール amelie1212☆goo.jp
(☆を@に変更してくださいね)





関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)